4輪バギー

まいど!「無理をしないで怠けない」この簡単そうで難しいこの言葉をいつも胸に終い「良い加減(いいかげん)」を心がける私、ボスでございます。


彦根城.jpg12月の忙しい時期に彦根に行ってきました。 写真を写した場所から左に彦根城が見え右奥に琵琶湖が見えるとっても見晴らしのいいところです。 なんでこんな見晴らしのいい場所に居るかといいますと、4輪バギーに乗るためです。 右真ん中の空き地にバギー場ができるかの騒音実験なんです。 私はこの広大な引地で何か飲食は出来ないか?ということで参上していました。


バギー.jpg実験なんで参加させてもらいました。 見た目は遅く感じていたんですが、実際に乗るとかなりのスピード感!大の大人が興奮してます。このプロジェクトに参加されている大人全員が楽しそうに乗ってました。


俺だけつなぎに着替えて本格的やったけど一番下手やったような。。
2010.12.18 Saturday | ボスのいいかげんなコンサル日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

クリスマスツリー

ダイスマネージ・ボスの「できる!店長はここがちがう!」です。数々の店長を見てきて「あっ!この店長はちがうな!」っと感じたことを公開します。少しでもヒントになれば・・あなたのお店は成長します

クリスマスツリー.jpg忘年会の第一回ピークの第2週目が終わりみなさんぐったりしてないですか?昨日、忘年会のクレーム対策で難波パークス近くに行ってきました。 そしたらこんなに綺麗なクリスマスツリーが飾ってました。 

で、10年ほど前にあったことを思い出したんでご紹介します。 それは11月にある店長が店内にクリスマスツリーを飾りたいという稟議書を持ってきたときの話です。 たしか金額は5万円ぐらいだったと思います。

店長の稟議に担当部長はこう言いました。 「ツリー置いたらどんだけ売り上げが上がる? 春に桜の木をテラスに置きたいって稟議だしてきて、秋に紅葉の木を飾りたいって言って却下されて、今度はツリーか?」


あなたが担当部長ならどう答えてどう指導しますか?


「なんで桜とかもみじとか、ツリーを置きたいんの?」と私が横から口をはさんで聞きました。

 すると店長は、「飲食店は季節感をだそうとする姿勢や気持がないと駄目と思うと」

 この店長は違うなぁ!っと思いました。 が、 感心している時に部長が「12月の飲食店にとっての季節感は忘年会じゃ!」 と一括。



 私はこのやりとりで一番大事なことは、常にこの店長のように、季節感を追うこと。それを会社や上司が必要ないと言ってしまえばその先に伸びるものはない。成長しないということ。 1月に七草がゆやぜんざいをお勧めしよう!節分には海苔巻を、クリスマスなんでケーキとキチンを。

というように、いつも季節に敏感でお客様をあきさせないという姿勢が大事なんでわ? そのお客様満足という視点に立つことが一番大事だということです。お客様はよっぽど盛大なツリーを設置しない限りそれを目当てに来てくれませんが、いつ行ってもなんの変化もないお店には必ず行かなくなります。


お店に来て、メニューやおすすめを見て、店内装飾をみて「もうこんな時期か」とお客様のないげない一言がでるお店作りが必要ではないでしょうか?
2010.12.11 Saturday | 「できる!店長はここが違う」 | comments (0) | trackbacks (0)
1