大きな石の話

ダイスマネージ・ボスの「できる!店長はここがちがう!」です。数々の店長を見てきて「あっ!この店長はちがうな!」っと感じたことを公開します。少しでもヒントになれば・・あなたのお店は成長します
山崎直子さん.jpg  
 目標を持つってことはすごく大事なんです今話題の山崎直子さんの宇宙飛行士になるまでのことが毎日のようにニュースで紹介されてますが、それを見る度、目標やゴールって人生にとって大きなものなんだと痛感します。 でもゴールや目標いってもなかなかピンっとこないものです。 でもこの自分自身最終的にどうなりたいかってことを考えているかいないかで、毎日の行動って大きく変わります。 そんなゴールの大切さに説いた話を紹介します。 



今からクイズを始めますと言ってタイムマネージメントの教授は大きな壷を取り出し、教壇に置いた。その壷に、彼は一つ一つ石を詰めた。
壷が一杯になるまで石を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壷は満杯か?」

教室の中の学生が「はい」と答えた。

「ほんとうに?」と言いながら、教授は教壇の下からバケツ一杯の砂利を取り出した。そして、砂利を壷の中に流し込み、壷を揺すりながら、石と石との間を砂利で埋めていく。

 そしてもう一度聞いた。
「この壷は満杯か?」

学生は答えられない。一人の学生が「たぶん違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを石と砂利の隙間に流し込んだあと、

三度目の質問を投げかけた。
「この壷はこれで一杯になったのか?」

学生は声をそろえて「いいや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壷のふちまでなみなみと水を注いだ。

「僕が何を言いたいかわかるだろうか?」

ひとりの学生が手を上げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすればいつも予定を詰め込むことが可能だということです。」

「それは違う」と教授。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私たちに示してくれている真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地は、そのあと、二度とないということなんだ。」


「君たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?」


教授は話し始める。

「それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり。
ここで言う大きな石とは、君たちにとって一番大切なものだ。それを最初に壷の中に入れなさい。
さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。
もし君たちが小さな砂利や砂、つまり、自分にとって重要度の低いものから自分の壷を満たしたならば、君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。
そして、大きな石、つまり自分にとっていちばん大切なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう
続きを読む>>
2010.04.15 Thursday | 「できる!店長はここが違う」 | comments (0) | trackbacks (0)
1