ハインリッヒの1:29:300の法則

 ダイスマネージ・ボスの「できる!店長はここがちがう!」です。数々の店長を見てきて「あっ!この店長はちがうな!」っと感じたことを公開します。少しでもヒントになれば・・あなたのお店は成長します

  サーフィン失敗.jpg今回は忘年会対策のお話です。でもすこし違った視点での話です。 
 もちろん売上に大きく関わりがあります。みなさんも予約取りといういつもの視点ではなくちがった視点での忘年会対策をひとつ考えてはいかがでしょうあか? 
 飲食店で12月といえばお祭りのような月であり、戦争の月でもあります。そんあ戦争準備での、ある店長の話です


 題名になっているハインリッヒの法則ってご存知ですか?通称1:29:300の法則といわれている法則です。

 どんな法則かと言いますと1つの大惨事には29回の小さな事故と300ものひやっとするミスが隠れているという法則で労働災害や航空機事故なんかの対策につかわれる法則です。

 11月初め、あるお店にお邪魔したところ店長さんがアルバイトを集めミーティングしていました。 忘年会対策です。聞いていると予約獲得のためなんかのミーティングではなく、いかにクレームをなくすかがこの会議の議題の様です。

 「昨年の12月に大きなクレームが2回ありました。どちらも週末におきました。1つは予約した内容とちがうということから発展したクレームと、前の宴会が時間通りに宴会が終わらず次のお客様のスタートが30分遅れたことが原因でした。 どちらも些細なことが原因ですが一番最初の対応が間違えで大クレームに発達したクレームです。 そこでみんなには去年もしくは今まででお客様に怒られた小さいことを29個思い出してください。5分間でこの紙に29個書いてください。相談はせずあくまで自分の体験と経験です。」

 って店長さん。 ・・・・・ん!この店長はちがうな!って思いました

 バイトの一人がなんで中途半端な29なん?って言いながら書いてます。5分経ちましたアルバイト6名ですが色々な29個が出てきたようです。そこで店長さんがカテゴリわけをしていきます。

 「提供のスピードや注文ミス」「態度の悪さや対応の悪さ」「こぼしたり、混入物」 主に提供系、サービス系、ミス系の3カテゴリに分けて壁に張り出しみんなに説明を始めました。

 
続きを読む>>
2009.11.24 Tuesday | 「できる!店長はここが違う」 | comments (0) | trackbacks (0)

シマノカワハギグランプリ2009三重セミファイナル

釣りにハマって2年さらに釣り界のオタクと言われるカワハギ釣りに今年からどっぷりハマってまさにカワハギ地獄。運よく三重大会の予選を突破して本日が全国大会の切符をかけたセミファイナルです。

シマノセミファイナル2位.jpg結果から言いますと、なんとセミファイナル2位通過で全国大会の切符をゲット!! です。自分でもこの快挙に驚きです。


副賞として予選突破はホットプレート?。んで今回はIT調理器?(なんで?)もゲットです。


なぜ釣り大会で家電が商品かと考えていると嬉しいお知らせが!なんと次の決勝選でメインロッドとして使ってくれることが条件ですがお好きなロッドを1年間無料で貸し出しします。  って!メインに使うにきまってるやん!



んで、選んだロッドが「バイオクラフト MH200」 最高!!



 受付を関西船カワハギ狂のシゲゾーさんの次に済ませ釣り座の抽選! なんと左舷ミオシ!前回の揺れの悪夢があったので大トモを願っていたのに(涙)。シゲゾーさんは右舷トモ。



微妙な表情をしていると関西船カワハギ狂のドン、元グレ師さんから、おおぉ!ポールポジションやんけー!ってお言葉に少し緊張ぎみ!


AM6:00船で準備をしていると元グレさんが駆け寄ってくれモーニングサービスのよきアドバイスをもらいいよいよ出船。


 いつものように嵐のうねりの中、試合開始です。 今回はしっかりと作戦をたてました。 まず浅場の岩場では「タタキ聞きあげ」で小さめのアサリにフック系、40㍍の砂場の深場では「這わせほったらかし」戦法の中オモリ着低で船の上下だでけの誘い。あさりは特大でここでもスピード系を使わずフック系。 この2本で勝負です。
続きを読む>>
2009.11.24 Tuesday | 釣人フードアナリストの喰い釣り日誌 | comments (2) | trackbacks (0)

東雲堂の宝いも

 まいど!みなさん焼酎は好きですか? 芋焼酎には数万円ものプレミアがついたりしてかなりの人気ですが、焼酎誕生から200年以上もたってからイモ焼酎が誕生したのですよ。 はじめは日本人の源ともいえる米焼酎が元祖でそこから栗焼酎なんかが誕生したそうです。 
 1700年頃に薩摩の国で食糧不足になり多くの人々が飢餓で命を落としたそうです。 そこで琉球からサツマイモを持ち帰り栽培方法を薩摩全域に広めて、薩摩のシラス台地には豊かなさつまいも畑を作り、みんなの飢餓から救ったそうです。 それから数年後、豊かに育ち過ぎ余ったサツマイモで焼酎を薩摩の人々は作り始めたそうです。 

 そのさつまいもを広めた人物が焼酎の銘柄にもなっている「前田利右衛門」なんですよ! だから森伊蔵を崇拝しないで前田利右衛門を崇拝しないといけません。 だってこの人がいないと芋焼酎は誕生しなかったのですから

  ってことで「アーバンの料理雑学王BOSS」のフードアナリストが叫ぶ今日も旨い!。



宝いも.jpgこのきれいな紫色に輝く焼き菓子は大阪堺美原の伝統的老舗の「東雲堂」の宝いも という焼き菓子です。

 さつまいもにはいろいろな種類がありまして特にこの紫芋は甘味が深くよくスイーツなんかにも使われるさつまいもです。 

 この紫芋がもつ上品な香ばしい甘みを殺すことないようにひとつひとつ丁寧の手造りした「宝いも」は焼き菓子という表現ではなく、和のスイーツと言いたくなります。

 茶懐石にも喜ばれる一品は、ちちんぷいぷいなどのテレビ番組でも何度も紹介される高級和菓子。 風味が飛ばないように一つずつ包んでくれているのもうれしい限りです。



 すこし渋めのお茶には持ってこい!です。
 
続きを読む>>
2009.11.14 Saturday | フードアナリストが叫ぶ今日も旨い! | comments (0) | trackbacks (0)

シマノカワハギグランプリ2009三重予選

私、シマノカワハギグランプリ三重大会にて6名中上位2名という狭き喚問を突破できました(笑)山田2位.jpg 

みんなから大事な時期に釣り行ってのんきなおっさんやで!って声に耳をふさぎ、上司の権限を使って仕事を部下に任せ23時前に出発。んで、2時前に到着。

ん?だれもいない。車も2台のみ。 すこし不安・・・。 でもビールをグビグビして仮眠。


朝起きたら車10台ぐらい。 ん?  かなり不安・・・・。

受付時間10分前なので受付に行くと「まだです。」って一喝。

DKCの時は15分ほど前から受付してなのに! っと思って車で休憩。

「受付開始します」のアナウンスがあり車から降りるとそこには、関西カワハギ狂のよっくんさんとシゲゾーさんが居て、不安は一気に解消。




早速抽選、私は「充丸の5」。  強者2名と同じでなくてホッと胸をなでおろします。


「船に乗って用意して下さい。」っていきなり言われて用意してたら前ぶれもなく船が進みます。 湾内の移動と思いきやポイントに移動ではありませんか。

時間は6:20分スタートまで10分あるやんと思ってたらいきなりスタート!    なんか調子狂います。


 はじめのポイントは探険丸で確認すると水深35㍍の岩場(?)。1投目から何か当たりあり。巻き上げるとお決まりのベラ。  私も着低トントン聞き合わせ
打法で3枚ゲット。 他の人もなんかしか竿を曲げてます。

 竿先に当たりがあり貯めている時さ、「あげて下さい」のアナウンス。魚影がかなりあったのにここでしたいなぁーなんてわがままも許せれるわけなくポイント移動。

 次のポイントも魚影が濃く外道の応酬。 そこで本命1枚ゲット。 ん?両隣はまば坊主の様子。 またまた余裕でビール。DKCの時はこの余裕から一匹も釣れず負けてしまったことを思い出したのはビール半分飲んでから・・・。 いやな予感・・。   的中・・・・。

 

 
続きを読む>>
2009.11.09 Monday | 釣人フードアナリストの喰い釣り日誌 | comments (0) | trackbacks (0)
1