どうせするなら評価されたい。

 ダイスマネージ・ボスの「できる!店長はここがちがう!」です。数々の店長を見てきて「あっ!この店長はちがうな!」っと感じたことを公開します。少しでもヒントになれば・・あなたのお店は成長します。。picasso_portrait_femme.jpg

 芸術の秋! って!今は初夏です。すいません。このピカソの絵なんですが皆さんもご存じの通りものすごく高額なんです。天才的なピカソの絵はなんとも個性的で独創性があり引き込まれてしまいますね! そしてもう一人の天才画家といえばゴッホ。 この2人の天才画家は実に対照的なんです。
 
 ピカソは死ぬ直前まで創作活動を続け、作品のほとんどを生きている間に高額で売ったそうです。どうやったら自分の絵が高額で売れるかをちゃんと理解していたそうです。ピカソは自宅でパーティし、政財界や各著名人を集め、新しい作品発表し毎回のように高値で売り切っていました。

 方やゴッホ。彼はものすごく貧乏で世間からは冷たい目で見られ、食べるものにも困るほどの貧しい生活だったそうです。そんな貧乏なゴッホが子供のいる娼婦のことが好きになりました。この娼婦はゴッホのモデルとなったり、ゴッホに生きる喜びや画家としての才能を与えたと言われています。しかし自分の絵が売れいないゴッホは精神異常となり、切った自分の耳を封筒にいれ、手紙と一緒に「私の形見だ」と言いその娼婦に送りつけたそうです。ゴッホは30代後半、自殺で人生を終えています。
 生きている間にゴッホの作品が売れた作品はわずか2作品。あとは全て死んでから何十年も立ってほ売れたそうです。


 この2人の天才画家ですが皆さんはどう思いますか?

 今回は3人の店長さんと私とで飲みに行った時の話です。一人の店長さんが熱くお店のこと会社のことを語っていました。もう一人の店長さんも加わります。もう一人の店長はお店や会社の話にはあまり関心がないようでした。私が皆んなに「こんな愛社心がある従業員をもって社長も喜んでいるでしょう?」と質問したら熱い二人が「社長や会社の事はあまり気にしていません。自分たちの役割はお店を良くすることです」とまた熱い返事がかえってきました。
 あまり関心のない店長が「お店を良くするってお前らは良くするために具体的にどんなことしてるん?」と核心をついたことを2人に聞きました。
 さらに「お前らバイトやと違うんやからお店を良くして当たり前で、それ以上のことしないと評価されへんで!」というと「別に出世したいわけとちがうし、楽しく仕事ができればそれでいい」って熱い2人の店長が。
 
 俺は「どうせするなら評価されたいし、出世もしたい!」とその店長 

 その言葉に私は「この店長ちがう!」と思ったのを通り越して関心いたしました。 真面目に出勤して不正なくお店の事を考えてくれ、楽しく仕事ができれば良いという人の店長さんとは対照的に、やるからには実績を残し会社に貢献して評価されないと意味がない!という店長。
続きを読む>>
2009.04.30 Thursday | 「できる!店長はここが違う」 | comments (0) | trackbacks (0)

霧島らっきょう

 まいど!夏が来た!と思うほど良い天気のGWですね!夏の名物といえばスイカです。皆さんはスイカは果物?それとも野菜?どちらだと思いますか?果物の定義は「木になるもの」です。スイカは一年草なので、厳密にいえば果物ではありません。その定義で言うと、イチゴやメロンも野菜という事になってしまいます。
 この野菜果物論争は、国によって違うようです。アメリカでは日本と同じ解釈で「フルーツ」は木になるものです。ヨーロッパでは見た目重視?なのかスイカ、イチゴもちろんトマトまで果物としています。
 私はスイカを見るとなぜかカブトムシを思い出してしまいます。ってことで「アーバンの料理雑学王BOSS」の今日も旨い!が言いいたくてです。霧島らっ居.jpg 


 実は私、らっきょうが嫌いです。食べれないわけではありませんが嫌いです。なので人生で数回しか食べたことがありません。 どこが嫌いかというと、わけのわからない酸味と玉ねぎとにんにくを混ぜあわせたにおいが嫌いなんです。
 が!しかし!沖縄に行った時に「島らっきょう」というものに出会いまして島らっきょうにバカハマり!で沖縄にいるときは毎日食べ、大阪に帰ってきても沖縄物産屋を探しては買って食べるしまつ! で、直営店でONメニューにしたいと支持したぐらいまでなりました。
 
 しかし島らっきょうは季節限定で通年食べれる物ではないということで、時期終わりから食べなくなりすっかり忘れていました。 

 それから数年たった今日とある焼き鳥やで、お勧めの黒板をみると「島らっきょう」とあるではないか! あの時のマイブームを思い出しすぐさまご注文!

 が!「お待たせしました~!」といって運ばれて来ものは!なんと私の嫌いならっきょう!しかも普通のらっきょうサイズの軽く3倍はある大きさ!
 「なんじゃこれ!」と松田優作なみに驚いて、お店のおやっさんに「これが島らっきょう?」とキレぎみに聞いてみると「それは霧島らっきょうですよ!」って。 「えっ!でもお勧めの黒板には島らっきょうと書いてあるやんか!」とさらにキレぎみに言いながら「ごめんやけど返品してください!」とおやっさんにいうと。 

 「ごめん黒板の霧という字消えてた!すいません!」やって!こんなコントみたいなことが実際にあるんや!と思っていたら「だまされたと思って一個食べてみ!一個食べても返品しますから!」とおやっさんが言うので。パクリ!
続きを読む>>
2009.04.30 Thursday | フードアナリストが叫ぶ今日も旨い! | comments (0) | trackbacks (0)

最終回の2月決算

「すごい会議」で会議研修を受けた時の架空会社「たこやき」(仮名)。色々なところから色々な職種の5名が集まって会社の実績を会議で上げるという「すごい会議」での話し。 どうせなら本物でいこうということで、我ダイスマネージの売上げUPを題材にし「すごい会議」で出たみんなの架空目標を実際にやることになった。そこで3月度よりの取り組みをこのブログでご紹介。 題して「ダントツ!なにわプロジェクト」

 今回が最終回です。結果からいいますと、残念ながら3億まで1億2892万1307足りませんでした。 しかしこの不況の中、前年比105.85%という結果には満足しています。

 ちょうど1年前の5月に皆さんで「すごい会議」を開いていただき色々なアイデアを出してもらいました。

 この1年はサマーソニックに出店、焼き栗屋の再開、既存店の改装など飲食店事業の方は何とか前年比UPを死守し、コンサルティング売上で3億を目指すという構想でしたが届きませんでした。しかしコンサルティング売上も前年比150・5%と驚異的に伸びました。

 今期こそ3億売るぞ!と年明けに誓いましたが、稼ぎ頭であった直営店の立ち退き撤退と、さらに業務委託店の委託料を未回収と間接的にこの100年に一度の大不況の影響を受けて早くもトーンダウン!

 講座風景.jpg
しかしこのままではだめだ!と改めて決意し飲食店事業の仕切り直しと底上げ、コンサルティング事業の拡大に今年は努力し、充電期間1年で、来年にはかならず3億達成するぞ!

 すごい会議の皆さん!ありがとうございました!
2009.04.20 Monday | ダントツ!なにわプロジェクト | comments (1) | trackbacks (0)

吉田牧場のカマンベール

 まいど!昨日、私の子供に「なんでアメリカはパンを食べるのに米国って言うん?」と質問されました。皆さんはなんでか知ってましたか?仏教の国でもないのにフランスを仏国っていいますよね。 これは深い意味もなく漢字の当て字らしいです。パソコンで国名を変換すると当て字が出てきてます。その頭文字って単純な意味だっだんですよ!今回は料理雑学ではなくてただの雑学でした。ってことで「アーバンの料理雑学王BOSS」の今日も旨い!が言いいたくてです。

モツァレラ


 以前にこのブログで白カビサラミをご紹介したんですが、どうしてもそれが食べたくなってあちこち探していたところ、ななんと!あの「吉田牧場のカマンベール」を発見!


 早速問い合わせをするとやはり順番待ちとのこと。どうしても食べたいとか、予約をしたいとか、色々なお願いをすると今回特別にということで1個だけ販売してもらいました。


 

このカマンベールは賞味期限ギリギリまで寝かしオーブンでまるごと焼いて食べるのが本来の味を堪能でき、一番おいしい食べ方なのです。
 一人の生産者が作っている命のこもったカマンベールなので最高食べ方で食べたいものです。


 値段は1個1,000円これを注文して商品より高い送料とコレクト料合計1,300円を払い賞味期限3日前まで寝かしました。 

 数日寝かしてから箱を開けると普通のカマンベールとは明らかに違う!まず市販のカマンベールは外側がカチカチに締まっている感じがするのに対しこのカマンベールは今にも膨張しそうなほど弾力が見た目でも伝わり、ふわふわ感が満載! それをすこしオーブンで焼いてトロトロになったところをパクリ!と頂くきました。


 みんなに、なんで箸で食べるねん!と言われるが、あまりのおいしさに思わず旨い!って叫びました。


吉田牧場.jpg 

 市販のカマンベール特有の水臭さ(?)もまったくなく、プロセスチーズに近い後味もまったくなくありませんでした。


 濃厚でクリーミーさが舌全体に広がり、チーズって牛乳からできているって単純なことがすごく伝わる味。 これを噛むのではなく溶かすようにして味わうとさらに口に中がチーズの風味でいっぱいになり、ワインが欲しくなります。

 やっぱり本物は違う!と余韻に浸っているその時、女将が「高いものってイメージがあるからおいしいと思うんや!私は何も知らんから別に!って感じ」って水を差すこの言葉にズッコケました。


 でもやっぱり滅多に食べることができないだけあって、この濃厚でクリーミーな味が、チーズマイブーム到来って感じでした
2009.04.17 Friday | フードアナリストが叫ぶ今日も旨い! | comments (0) | trackbacks (0)

3億まであと1億3157万9078

「すごい会議」で会議研修を受けた時の架空会社「たこやき」(仮名)。色々なところから色々な職種の5名が集まって会社の実績を会議で上げるという「すごい会議」での話し。 どうせなら本物でいこうということで、我ダイスマネージの売上げUPを題材にし「すごい会議」で出たみんなの架空目標を実際にやることになった。そこで3月度よりの取り組みをこのブログでご紹介。 題して「ダントツ!なにわプロジェクト

従業員.jpg 


長い間ご愛顧いただきありがとうございました!



1月も終わり今回を含め「ダントツ!なにわプロジェクト」はあと二回となりました。目標の3億にはといてい届きませんでした。この不況の中なのか?当社の稼ぎ頭の「生右衛門」が1月4日で閉店しました。物件を借りていた会社が倒産して、新しいオーナーに立ち退きを迫られていました。今年の12月まで営業するという交渉をしてきましたが、なんと昨年の暮れからものすごい工事が始まりとても営業できる状態ではなくなり渋々、撤退を決定したわけです。これがテレビなんかで見る「出て行け!」そっくりのやり方で食事もできないぐらいの工事音と振動でした。 悲しいですが、長い間ご支援いただきありがとうございました。

 ほぼ目標達成できななってしまいましたが、ただではコケないのが我がダイスマネージ!のいいところ! 絶対に今年中に復活するぞ! あと1ヶ月を残して1億以上残していますが、このあとに劇的な結末が・・・!

どうなる!?最終回!1ヶ月を残して3億まであと1億3157万9078
2009.04.14 Tuesday | ダントツ!なにわプロジェクト | comments (0) | trackbacks (0)
1